静岡県平和・国民運動センター このサイトについて集会講座の案内集会講座の報告リンクと問合せ
3・1ビキニ・デー全国集会
ビキニデー全国集会

★被災63周年3・1ビキニ・デー全国集会

●日時 2017年3月1日(水)18:00~20:00
●場所 静岡労政会館 静岡県勤労者総合会館6階
(静岡市葵区黒金町5-1)
●主催
原水爆禁止日本国民会議(フォーラム平和・人権・環境)
東海ブロック原水禁連絡会議、原水爆禁止静岡県民会議
●内容
講演 西尾正道先生 福島からの報告ほか

★墓前祭

●日時 3月2日(木)13:00~14:00
(11:30に産業経済会館前集合 バスを出します。
事前のお申し込みが必要。事務局までお申込み下さい)
●場所 「弘徳院」 〒425-0012 静岡県焼津市浜当目3丁目14-7
●内容
献花・焼香・焼津市歴史資料館見学
●問合せ
静岡県原水禁(静岡県平和センター) Fax 054-284-0191 Tel 054-282-4121

PDFファイル集会チラシ(PDFファイル 552KB)≫

3・11さようなら原発1000万人アクション静岡集会

福島原発事故6周年 再稼働阻止・脱原発社会実現!!
3・11さようなら原発1000万人アクション静岡集会

●日時 2017年3月11日(土)10:00~11:30
●場所 静岡市・駿府公園 東御門前広場
●内容 集会とデモ行進
●主催
  原水爆禁止静岡県民会議
  静岡県平和・国民運動センター
  静岡県勤労者協議会連合会
●問合せ
静岡県原水禁(静岡県平和センター) Fax 054-284-0191 Tel 054-282-4121

PDFファイル集会チラシ(PDFファイル 508KB)≫

3・11さようなら原発1000万人アクション静岡集会

PDFファイル申込み用紙付き集会チラシ(PDFファイル 719KB)≫

基地建設に反対し行動する人たちへの弾圧に抗議する声明

2016年12月2日、フォーラム平和・人権・環境は沖縄平和運動センターの山城博治議長ら高江や辺野古における基地建設に反対し行動する人たちへの弾圧に抗議する声明を発表しました。全文を読む≫

PDFファイル  高江ヘリパッド建設・辺野古新基地建設への弾圧を許さず、
不当な逮捕者全員の即時釈放を求める声明(PDFファイル17KB)≫


上映会案内「不思議なクニの憲法」

2016年10月28日、原水爆禁止日本国民会議は国連総会第1委員会での「核兵器禁止条約」の交渉開始決議案へ日本政府が反対投票したことに抗議する声明を、岸田外務大臣宛てにFAXしました。全文を読む≫

PDFファイル 国連総会第1委員会での「核兵器禁止条約」の交渉開始決議案への抗議声明(PDFファイル152KB)≫


オスプレイ配備と飛行訓練に反対する県民集会

静岡県平和・国民運動センターレポート2016年第6号を発行しました。
紙面の画像とPDFファイルで掲載します。

静岡県平和センターレポート 2016年第6号 紙面を画像で見る≫

PDFファイル 静岡県平和センターレポート 2016年第6号 (PDFファイル820KB)≫


沖縄・高江ヘリパッド、キャンプシュワブの工事再開を許さない

2016年7月20日、フォーラム平和・人権・環境は沖縄・高江ヘリパッド、キャンプシュワブの工事再開に対する抗議声明を発表しました。その全文を掲載します。

●沖縄・高江ヘリパッド、キャンプシュワブの工事再開に対する抗議声明≫  PDFファイル(PDFファイル 170KB)≫

戦争法案の強行採決に対する抗議声明

2015年12月14日、原水爆禁止日本国民会議(原水禁)は安倍晋三首相とインドのナレンドラ・モディ首相が日本の原発輸出を可能にする日印原子力協定の締結に原則合意したことに対する抗議声明を発表しました。その全文を掲載します。

●日印原子力協定締結合意に対する抗議声明≫  PDFファイル(PDFファイル 168KB)≫

戦争法案の強行採決に対する抗議声明

2015年10月29日、フォーラム平和・人権・環境は安倍政権による辺野古新基地建設工事再開に対する抗議声明を発表しました。その全文を掲載します。

●辺野古新基地建設工事再開に対する抗議声明≫  PDFファイル(PDFファイル 174KB)≫


戦争法案の強行採決に対する抗議声明

2015年9月19日、フォーラム平和・人権・環境は安倍政権による戦争法案の強行採決に対する抗議声明を発表しました。その全文を掲載します。

●戦争法案の強行採決に対する抗議声明≫  PDFファイル(PDFファイル 176KB)≫

静岡県平和・国民運動センターレポート
静岡県平和・国民運動センターレポート

 静岡県平和・国民運動センターレポート 2015年第7号≫全文

中学校用教科書検定に関する平和フォーラム事務局長見解
原水禁NPT再検討会議派遣団報告

原水禁NPT再検討会議派遣団報告 ≫全文

PDFファイル原水禁NPT再検討会議派遣団報告(PDFファイル 1319KB)≫

朝鮮総連幹部への家宅捜索に抗議

2015年4月6日、東北アジアに非核平和の確立を!日朝国交正常化を求める連絡会は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の許宗萬議長と南昇祐副議長への家宅捜索に抗議する声明を発表しました。その全文を掲載します。

●朝鮮総連幹部への家宅捜索に抗議する声明≫ PDFファイル(PDFファイル 210KB)≫

中学校用教科書検定に関する平和フォーラム事務局長見解

2015年4月8日、フォーラム平和・人権・環境は4月6日公表された中学校用教科書の検定結果に対して事務局長見解を発表しました。その全文を掲載します。

●中学校用教科書検定に関する平和フォーラム事務局長見解≫ PDFファイル(PDFファイル 173KB)≫

「集団的自衛権」抗議声明

2015年3月23日、フォーラム平和・人権・環境(平和フォーラム)は「集団的自衛権行使を前提とした安全保障法制に関わる与党合意に反対し、憲法の平和主義に基づく安全保障体制の構築を求める声明」を発表しました。その全文を掲載します。

●安全保障法制に関わる与党合意に反対する声明≫ PDFファイル(PDFファイル142KB)≫

静岡県平和・国民運動センターレポート
静岡県平和・国民運動センターレポート

 静岡県平和・国民運動センターレポート 2015年第3号≫全文

PDFファイル静岡県平和・国民運動センターレポート(2015年第3号)(PDFファイル 452KB)≫

PDFファイル3・11さようなら原発1000万人アクション静岡集会アピール(PDFファイル 216KB)≫

PDFファイル浜岡原発の再稼働を認めることなく、原発のない社会へ向かうことを求める要請文(PDFファイル 336KB)≫

PDFファイルフクシマから避難してきた堀川文夫様のメッセージ(PDFファイル 101KB)≫

静岡県平和・国民運動センターレポート

 静岡県平和・国民運動センターレポート 2015年第1号≫全文

PDFファイル静岡県平和・国民運動センターレポート(2015年第1号)(PDFファイル 621KB)≫

「集団的自衛権」抗議声明

2014年12月1日、戦争をさせない1000人委員会・静岡は安倍首相による衆議院解散に対し「戦争へ向かう国づくりに反対するアピール」を発表しました。その全文を掲載します。

●戦争へ向かう国づくりに反対するアピール≫ PDFファイル(PDFファイル215KB)≫

「集団的自衛権」抗議声明

2014年10月14日、フォーラム平和・人権・環境は安倍内閣の「特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施に関し統一的な運用を図るための基準」の閣議決定に対し、事務局長見解を発表しました。その全文を掲載します。

●「特定秘密保護法の運用基準の閣議決定に関する事務局長見解≫ PDFファイル(PDFファイル108KB)≫

高校生平和大使

第17代高校生平和大使の活動が静岡新聞に掲載されました。

高校生平和大使 高校生平和大使

抗議声明

2014年7月1日、安倍政権は「集団的自衛権」の行使を容認する憲法解釈を閣議決定しました。これに対しフォーラム平和・人権・環境は抗議声明を出しました。その全文を掲載します。

●「集団的自衛権」行使容認の閣議決定に対する抗議声明≫ PDFファイル(PDFファイル159KB)≫

日朝交渉の着実な一層の前進を期待

2014年5月29日、安倍晋三首相は日朝協議における合意事項を発表。これを受けて日朝国交正常化連絡会は日朝交渉の着実な前進を期待する見解を発表しました。その全文を掲載します。

●見解 日朝交渉の着実な一層の前進を期待する≫ PDFファイル(PDFファイル168KB)≫

エネルギー基本計画への抗議声明

2014年4月11日、政府が原子力発電所の再稼働をすすめる「エネルギー基本計画」を閣議決定したことに対して、原水爆禁止日本国民会議は抗議声明を発表しました。その全文を掲載します。

●エネルギー基本計画の閣議決定への抗議声明≫ PDFファイル(PDFファイル216KB)≫

●憲法記念日講演会・会場案内地図≫

平和フォーラム

2014年3月31日、フォーラム平和・人権・環境(平和フォーラム)、原水爆禁止日本国民会議(原水禁)は安倍内閣が武器や関連技術の輸出を禁じてきた武器輸出三原則を廃止し、新たに「防衛装備移転三原則」を4月1日に閣議決定することに対し抗議声明を発表しました。

武器輸出を解禁する新たな「防衛装備移転三原則」閣議決定への抗議声明≫

さよなら原発10万人集会

1月27日結審 東京高裁判決は4月23日11時~

護衛艦「たちかぜ」イジメ自殺訴訟(平成23年(ネ)第3738号)について、Tさんを自殺に追い込んだS2等海曹、及び、防衛省・自衛隊の責任を明確にした判決を求める要請署名にご協力ください!≫全文

被災60周年3・1ビキニ・デー全国集会の案内文≫

平和フォーラム

2014年1月28日、フォーラム平和・人権・環境は籾井勝人NHK会長の就任記者会見での発言に対する抗議声明を発出しました

籾井勝人NHK新会長の会見発言に抗議する声明≫

平和フォーラム

2013年12月26日、安倍晋三首相は靖国神社に参拝しました。現職の首相が参拝するのは、2006年の小泉純一郎首相以来7年ぶりとなります。これに対し、平和フォーラムは抗議声明を発出しました。

安倍晋三首相の靖国神社参拝への抗議声明≫

平和フォーラム
平和フォーラム

静岡県平和・国民運動センターは12月19日、静岡市駿河区の静岡労働会館において36名の代議員の参加により、第21回定期総会を開催しました。総会では、2014度運動方針、財政執行方針、規程制定、役員改選が承認され、総会宣言、スローガンを代議員全体の拍手で確認し終了しました。≫全文

平和フォーラム

ロゴマーク静岡県平和・国民運動センター第20回定期総会記念事業として企画した「静岡県平和・国民運動センターのロゴマーク募集」に9件の応募があり、厳正なる審査の結果、川口弘和さん(全印刷)の作品が最優秀賞に決定しました。そのほか、優秀賞2作品、佳作3作品も決定しました。≫全文

平和フォーラム

政府は2013年12月17日、国家安全保障戦略(NSS)を策定し、新防衛計画大綱、中期防衛力整備計画(中期防)と合わせて閣議決定を行いました。これに対し、平和フォーラムでは抗議声明を発出しました。

国家安全保障戦略(NSS)等の閣議決定への抗議声明≫

これでいいのか?!TPP 12.8大行動

これでいいのか?!TPP 12.8大行動

TPP(環太平洋連携協定)の年内交渉妥結を阻止しようと、12月8日、東京・日比谷公園大音楽堂で「TPPに反対する弁護士ネットワーク」「TPP参加交渉からの即時脱退を求める大学教員の会」「主婦連合会」の呼びかけにより、「秘密交渉・国会無視・生活破壊─これでいいのか?!TPP 12・8大行動」が、開催され、全国から2,700人が参加した。≫全文

もんじゅを廃炉へ

食とみどり、水を守る全国集会

1995年12月8日に起きた高速増殖炉「もんじゅ」のナトリウム漏れ事故から丸18年となるのを前に、もんじゅの廃炉を求める「2013もんじゅを廃炉へ!全国集会」(主催・同実行委員会)が7日、福井県敦賀市の白木海岸、プラザ萬象で開催され、福井県内はもとより全国からも市民団体や労働団体の関係者1,000人が参加し廃炉を訴えた。≫全文

食とみどり、水を守る全国集会

食とみどり、水を守る全国集会

食の安全・安心や農林業の再生、森林や水などの環境保全などの政策と運動について討議する「第45回食とみどり、水を守る全国集会」(主催・同実行委員会主催)が、11月29日仙台市で「杜の都仙台から発信! 取り戻そう人々の暮らしと豊かな自然  ─震災復興をめざして─」をテーマに開幕し全国から約850人が参加した。静岡県からは9人が参加した。≫全文

アジア・アフリカ支援米

今年、掛川市内で取り組んだ支援米運動は、2013年5月25日に田植え、10月19日に稲刈りを行いました。収穫された840㎏の支援米は食糧不足に苦しんでいるアフリカ・マリ共和国へ届けられます。ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。≫全文

静岡県平和・国民運動センター

秘密保護法反対

平和フォーラムは、11月21日午後、東京千代田区の衆議院第一議員会館で、「特定秘密保護法」及び今後予想される「国家安全保障基本法」に関する国会情勢および取り組み方針に関して、平和フォーラムの組織内における意志統一を図るため『秘密保護法』を考える院内集会を開催し約300人が参加した。≫全文

静岡県平和・国民運動センター

秘密保護法反対

東京都千代田区の日比谷野外音楽堂で秘密保護法に反対する市民グループがつくる実行委員会の主催で、「STOP!『秘密保護法』11・21大集会─『何が秘密? それは秘密!』それはイヤだ!」の集会が行われ、同法案に反対する労働組合、市民団体や一般市民ら約1万人が集結した。≫全文

静岡県平和・国民運動センター

浜松海の星高校の5人、西遠女子学園高校の5人及び第16代高校生平和大使(静岡サレジオ高校)、長崎派遣代表 (静岡英和女学院高校)の高校生12人は11月23日、核兵器廃絶と戦争のない平和な世界を求める署名活動をJR浜松駅北口で行った。≫全文

静岡県平和・国民運動センター

10月11日(金)午後、渥美真央さんら第16代高校生平和大使7人は、東京都千代田区の外務省を訪問し、岸田文雄外務大臣へユース非核特使としての活動を報告した。≫全文

静岡県平和・国民運動センター

静岡県平和・国民運動センター

10月23日(水)、憲法擁護静岡県民連合は、静岡市駿河区南町の静岡労働会館で、地域団体や平和団体から27人が出席し、第33回定期総会を行った。≫全文


静岡県平和・国民運動センター

静岡県平和・国民運動センター

10月23日(水)、しずおか憲法9条を擁護し実現する会の2014年度総会が静岡労働会館で行われ、地域団体や平和団体から27人が出席した。≫全文


静岡県平和・国民運動センター

平和フォーラムは、9月24日、「特定秘密保護法案」に反対する声明を発し、10月25日には閣議決定に抗議する声明を発しています。

  「特定」とありますが、特定されない範囲が「秘密」とされる内容であり、憲法改悪の一連の流れの中にある法案です。憲法9条の改悪を狙って「96条」改憲を主張し、事実上、憲法改悪を行ったと同様の措置を取ろうと内閣法制局長官の首を挿げ替えて「集団的自衛権」行使を容認しようとしています。その流れの中に、国民の眼と耳をふさぐ「秘密保護法」があると言えます。

 これまでも密約が国民の眼を盗んで結ばれてきた事実があります。であるが故に「米国保護法」と揶揄されたり、戦前の「治安維持法」を彷彿とさせるものです。決して許してはならない悪法です。

 静岡県平和・国民運動センターでは、平和フォーラムが主催する諸集会に積極的に参加するとともに、静岡において開催される「『危ない!秘密保護法』反対集会&講演会」について協賛することを決定しました。つきましては、積極的に参加されるよう訴えます。

PDFファイル『危ない!秘密保護法』反対集会&講演チラシ(PDFファイル156KB)≫


●「特定秘密保護法案」に反対する声明(フォーラム平和・人権・環境 代表福山真劫)≫
●「特定秘密保護法案」の閣議決定に抗議する声明(フォーラム平和・人権・環境 代表福山真劫)≫
●「特定秘密の保護に関する法律案」に対する談話(日本労働組合総連合会 事務局長神津里季生)≫
● 特定秘密保護法案の制定に断固反対する談話(社会民主党 幹事長又市征治)≫
● 秘密保護法の制定に反対する憲法・メディア法研究者の声明≫


静岡県平和・国民運動センター

静岡県平和・国民運動センター

10月13日(日)、東京の国会議事堂周辺で「首都圏反原発連合」が主催し、「さようなら原発1000万人アクション」「原発をなくす全国連絡会」の2団体が共催して「10・13 原発ゼロ★統一行動」が行われ、集会やデモ行進などに2万人が参加した。≫全文


静岡県平和・国民運動センター

東海ブロック第9回憲法フォーラム(平和フォーラム東海ブロック連絡会議主催)が10月6日午後、三重県四日市市・四日市市総合会館で開かれ、東海四県から、各県平和フォーラム加盟団体関係者や一般市民ら200人が参加した。静岡県から県平和・国民運動センター加盟団体関係者ら20人が参加した。≫全文



被爆68周年原水爆禁止世界大会・長崎大会 静岡から高校生3人が参加、全国の高校生らと交流

高校生平和大使

8月7日から9日、長崎市で「被爆68周年原水爆禁止世界大会・長崎大会」が開催され、静岡県から第16代高校生平和大使に選ばれた渥美真央さん(静岡サレジオ高校2年)、長崎派遣代表の黒岩静香さん(静岡英和女学院高校3年)、守田知代さん(不二聖心女子学院高校1年)の高校生3人が参加した。≫全文



静岡県平和・国民運動センター

静岡県平和・国民運動センター

2012年12月16日に行われた総選挙は、改憲を掲げる安倍晋三元首相を総裁とする自民党が294議席、石原慎太郎前東京都知事を代表とする日本維新の会が54議席をとり、合計すると衆議院議席数の3分の2を大きく超えるという重大な結果をもたらしました。自民党は、当面は「アベノミクス」ばらまき政策などで本年7月の参議院議員選挙を乗り切ろうとしています。≫全文

静岡県平和・国民運動センター

静岡県平和・国民運動センター

「すべての子どもたちに学ぶ権利を!」─朝鮮学校への「高校無償化」の適用を求めて、3月31日に東京・日比谷野外音楽堂で全国集会が開催された。全国の朝鮮学校の生徒や保護者、学校関係者のほか、平和フォーラムや市民団体などから7,500人が参加し「朝鮮学校だけを無償化から除外するのは差別だ」「自治体による朝鮮学校への補助金復活を!」などをアピールし、集会後に銀座へのパレードを行った。≫全文

オスプレイはなぜ危険か

~オスプレイの危険性と低空飛行訓練の危険~
墜落や事故の多いオスプレイを受け入れていいのか

オスプレイの危険性を訴える

オスプレイの危険性を訴える

静岡県平和・国民運動センターは、2月23日(土)、御殿場市内で、米軍が今後、全国で計画されているオスプレイの飛行訓練について、御殿場市の米軍キャンプ富士でも飛行訓練が計画されているため、講演会「なぜオスプレイは危険か」を開催した。講演会には、御殿場市在住の市民を含む約80人が参加した。≫全文

オスプレイ反対集会

米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの沖縄配備や米兵による相次ぐ事件事故に抗議する「オスプレイ配備反対! 米兵による凶悪事件糾弾! 怒りの御万人大行動」(同実行委員会主催)が2012年12月23日、沖縄県宜野湾市で開催された。県内外から約3千人(主催者発表)が参加した。宜野湾海浜公園屋外劇場での集会終了後、音楽を奏でながらパレードする「サウンドデモ」を行い、オスプレイの撤退や米軍基地の撤去を日米両政府に訴えた。全文≫

オスプレイ反対集会

フォーラム平和・人権・環境と沖縄平和運動センターは、2012年12月23日に宜野湾市海浜公園屋外劇場で開かれる米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの沖縄配備や米兵による相次ぐ事件事故に抗議する「オスプレイ配備反対! 米兵による凶悪事件糾弾! 怒りの御万人大行動」へ参加する全国の平和団体関係者の学習交流会が12月22日、沖縄県那覇市内のホテルで開催され約100人が参加した。全文≫

オスプレイ反対集会

オスプレイ反対集会

平和労組団体「フォーラム平和・人権・環境」と「オスプレイの沖縄配備に反対する首都圏ネットワーク」は、2012年11月4日、東京港区芝公園で「止めるぞ!オスプレイの沖縄配備 許すな!低空飛行訓練11・4全国集会」を開き、市民団体や労働組合の関係者ら4000人が参加した。全文≫

自衛官のいのちと人権を問う「たちかぜ」裁判

総会

2012年12月20日、静岡県平和・国民運動センターは、静岡市駿河区南町の静岡労働会館で、第20回定期総会を開催し、各構成労組、地域組織から38人が出席した。全文≫

自衛官のいのちと人権を問う「たちかぜ」裁判

自衛官のいのちと人権を問う「たちかぜ」裁判

たちかぜ裁判若き21歳の青年自衛官が執拗ないじめを受け自殺に追い込まれました。私たちは、自衛隊の存在について憲法9条に照らし違憲の疑いを持っていますが、そこに勤務する自衛官の人権が無視されていいはずがありません。航空自衛隊浜松基地で起きた自衛官自殺事件をきっかけに自衛官の人権を守る取り組みに参加しています。全文≫

PDFファイル自衛官のいのちと人権を問う「たちかぜ」裁判・パンフレット PDFファイル 435KB)≫


浜松市長へ平和行政推進要請

浜松市長へ平和行政推進要請

原水爆禁止静岡県民会議と静岡県平和・国民運動センターは11月22日、住民の命と暮らし、福祉を守る行政施策を推進するよう求める「平和行政推進に関する要請書」を鈴木康友浜松市長あてに提出し、岩井市民部長との話し合いが行われた。全文≫


第49回護憲大会

第49回護憲大会

2012年11月9日~11日、山口市で平和フォーラムや自治労などでつくる実行委員会の主催による「『生命の尊厳』をもとに、原発も基地もない平和な社会へ 憲法理念の実現をめざす第49回大会(第49回護憲大会)」が開催され、全国から2,500人が参加した。全文≫


憲法フォーラム

憲法フォーラム

10月24日、しずおか憲法9条を擁護し実現する会は、静岡市駿河区南町の静岡労働会館で、労働組合や地域護憲組織からそれぞれ代表者が出席し2013年度総会を行った。全文≫


憲法フォーラム

憲法フォーラム

東海ブロック第8回憲法フォーラム「震災・原発事故から学ぶ、人権・生命の尊厳を守るため憲法改憲に反対しよう!」 (平和フォーラム東海ブロック連絡会議主催)が10月20日午後、岐阜市鶴舞町・ワークプラザ岐阜で開かれ、静岡県から、静岡県平和・国民運動センター加盟の組織から18人が参加した。全文≫


憲法フォーラム

憲法フォーラム

東海ブロック第8回憲法フォーラム「震災・原発事故から学ぶ、人権・生命の尊厳を守るため憲法改憲に反対しよう!」 (平和フォーラム東海ブロック連絡会議主催)が10月20日午後、岐阜市鶴舞町・ワークプラザ岐阜で開かれ、静岡県から、静岡県平和・国民運動センター加盟の組織から18人が参加した。全文≫


平和行政推進を要請

平和行政推進を要請

10月18日(木)、午後3時半から45分まで、くらし・環境部の部長室にて原水禁静岡県民会議と静岡県平和センターは共同で「平和行政推進に関する要請書」を川勝平太知事あてに提出し、要請行動を行いました。全文≫


脱原発集会

10・13さようなら原発集会in日比谷に6500人が参加

さよなら原発

脱原発を目指す「さようなら原発」一千万署名市民の会が主催して、10月13日、東京千代田区の日比谷野外音楽堂で、「10・13さようなら原発集会in日比谷」が開催され、市民、労働組合、平和フォーラム関係者ら6,500人が集まった。全文≫

支援米の稲刈り

アフリカ・マリ共和国への支援米稲刈り60名参加

支援米の田植え

「食・みどり・水を守る静岡県労農市民会議」は、2012年度「アジア・アフリカ支援米・稲刈り」を10月20日掛川市倉真地区にて行なった。≫全文

オスプレイ反対集会

オスプレイ反対集会

静岡県平和・国民運動センターと社民党静岡県連合は、9月25日、オスプレイの普天間基地配備と国内での低空飛行訓練への反対を求めるため、御殿場市への要請行動を行った。≫全文

オスプレイ反対集会

御殿場市で開催 労組や市民団体から200名参加

オスプレイ反対集会

9月8日、静岡県平和・国民運動センター、憲法擁護静岡県民連合及び静岡県勤労者協議会連合会の3団体は、9日から陸上自衛隊東富士演習場で始まる米海兵隊の実弾訓練とMV22オスプレイ飛行に反対する「沖縄県道104号線越え実弾射撃訓練の東富士演習場での実施とオスプレイ派遣に反対する県民集会」を、御殿場市の桜公園で行い、労働組合や市民団体などから200人が参加しました。≫全文

日朝友好静岡県民会議

第22回日朝友好静岡県民会議総会・学習会

総会

原水爆禁止静岡県民会議は7月27日、静岡労働会館で2012年度総会及び被爆67周年原水爆禁止世界大会静岡県代表団結団式を行った。≫全文

日朝友好静岡県民会議

第22回日朝友好静岡県民会議総会・学習会

日朝友好静岡県民会議6月24日、日朝友好静岡県民会議は、李名裕(リ・ミョンユ)朝鮮総連静岡県本部委員長を来賓として出席いただき第22回総会を行った。また、記念講演では一橋大学名誉教授の田中宏さんが「戦後責任・植民地責任という視点」と題し、日本と朝鮮半島の関係を中心に講演した。≫全文