静岡県平和・国民運動センター
静岡県平和・国民運動センターレポート

静岡県平和・国民運動センターレポート

PDFファイルフォーラム平和・東海 2017年1号(PDFファイル 2.8MB)≫

静岡県平和・国民運動センターレポート
静岡県平和・国民運動センターレポート

 静岡県平和・国民運動センターレポート 2015年第7号≫全文

原水禁NPT再検討会議派遣団報告
原水禁NPT再検討会議派遣団報告

原水禁NPT再検討会議派遣団報告 ≫全文

PDFファイル原水禁NPT再検討会議派遣団報告(PDFファイル 1319KB)≫

静岡県平和・国民運動センターレポート
静岡県平和・国民運動センターレポート

 静岡県平和・国民運動センターレポート 2015年第3号≫全文

PDFファイル静岡県平和・国民運動センターレポート(2015年第3号)(PDFファイル 452KB)≫

PDFファイル3・11さようなら原発1000万人アクション静岡集会アピール(PDFファイル 216KB)≫

PDFファイル浜岡原発の再稼働を認めることなく、原発のない社会へ向かうことを求める要請文(PDFファイル 336KB)≫

PDFファイルフクシマから避難してきた堀川文夫様のメッセージ(PDFファイル 101KB)≫

静岡県平和・国民運動センターレポート

レポート2015年第1号

 静岡県平和・国民運動センターレポート 2015年第1号≫全文

PDFファイル静岡県平和・国民運動センターレポート(2015年第1号)(PDFファイル 621KB)≫

高校生平和大使

高校生平和大使 高校生平和大使

これでいいのか?!TPP 12.8大行動

これでいいのか?!TPP 12.8大行動

 TPP(環太平洋連携協定)の年内交渉妥結を阻止しようと、12月8日、東京・日比谷公園大音楽堂で「TPPに反対する弁護士ネットワーク」「TPP参加交渉からの即時脱退を求める大学教員の会」「主婦連合会」の呼びかけにより、「秘密交渉・国会無視・生活破壊─これでいいのか?!TPP 12・8大行動」が、開催され、全国から2,700人が参加した。≫全文

もんじゅを廃炉へ

食とみどり、水を守る全国集会

 1995年12月8日に起きた高速増殖炉「もんじゅ」のナトリウム漏れ事故から丸18年となるのを前に、もんじゅの廃炉を求める「2013もんじゅを廃炉へ!全国集会」(主催・同実行委員会)が7日、福井県敦賀市の白木海岸、プラザ萬象で開催され、福井県内はもとより全国からも市民団体や労働団体の関係者1,000人が参加し廃炉を訴えた。≫全文

食とみどり、水を守る全国集会

食とみどり、水を守る全国集会

 食の安全・安心や農林業の再生、森林や水などの環境保全などの政策と運動について討議する「第45回食とみどり、水を守る全国集会」(主催・同実行委員会主催)が、11月29日仙台市で「杜の都仙台から発信! 取り戻そう人々の暮らしと豊かな自然  ─震災復興をめざして─」をテーマに開幕し全国から約850人が参加した。静岡県からは9人が参加した。≫全文

アジア・アフリカ支援米

 今年、掛川市内で取り組んだ支援米運動は、2013年5月25日に田植え、10月19日に稲刈りを行いました。収穫された840㎏の支援米は食糧不足に苦しんでいるアフリカ・マリ共和国へ届けられます。ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。≫全文

静岡県平和・国民運動センター

秘密保護法反対

 平和フォーラムは、11月21日午後、東京千代田区の衆議院第一議員会館で、「特定秘密保護法」及び今後予想される「国家安全保障基本法」に関する国会情勢および取り組み方針に関して、平和フォーラムの組織内における意志統一を図るため『秘密保護法』を考える院内集会を開催し約300人が参加した。≫全文


静岡県平和・国民運動センター

秘密保護法反対

 東京都千代田区の日比谷野外音楽堂で秘密保護法に反対する市民グループがつくる実行委員会の主催で、「STOP!『秘密保護法』11・21大集会─『何が秘密? それは秘密!』それはイヤだ!」の集会が行われ、同法案に反対する労働組合、市民団体や一般市民ら約1万人が集結した。≫全文


被爆68周年原水爆禁止世界大会・長崎大会 静岡から高校生3人が参加、全国の高校生らと交流

高校生平和大使

  浜松海の星高校の5人、西遠女子学園高校の5人及び第16代高校生平和大使(静岡サレジオ高校)、長崎派遣代表 (静岡英和女学院高校)の高校生12人は11月23日、核兵器廃絶と戦争のない平和な世界を求める署名活動をJR浜松駅北口で行った。≫全文



静岡県平和・国民運動センター

静岡県平和・国民運動センター

 10月23日(水)、憲法擁護静岡県民連合は、静岡市駿河区南町の静岡労働会館で、地域団体や平和団体から27人が出席し、第33回定期総会を行った。≫全文


静岡県平和・国民運動センター

 10月23日(水)、しずおか憲法9条を擁護し実現する会の2014年度総会が静岡労働会館で行われ、地域団体や平和団体から27人が出席した。≫全文


10・13 原発ゼロ★統一行動

10・13 原発ゼロ★統一行動

 10月13日(日)、東京の国会議事堂周辺で「首都圏反原発連合」が主催し、「さようなら原発1000万人アクション」「原発をなくす全国連絡会」の2団体が共催して「10・13 原発ゼロ★統一行動」が行われ、集会やデモ行進などに2万人が参加した。≫全文


第9回憲法フォーラム 名古屋大学教授愛敬浩二氏を招き講演会

高校生平和大使

 東海ブロック第9回憲法フォーラム(平和フォーラム東海ブロック連絡会議主催)が10月6日午後、三重県四日市市・四日市市総合会館で開かれ、東海四県から、各県平和フォーラム加盟団体関係者や一般市民ら200人が参加した。静岡県から県平和・国民運動センター加盟団体関係者ら20人が参加した。≫全文


静岡県平和・国民運動センター

静岡県平和・国民運動センター

 2012年12月16日に行われた総選挙は、改憲を掲げる安倍晋三元首相を総裁とする自民党が294議席、石原慎太郎前東京都知事を代表とする日本維新の会が54議席をとり、合計すると衆議院議席数の3分の2を大きく超えるという重大な結果をもたらしました。自民党は、当面は「アベノミクス」ばらまき政策などで本年7月の参議院議員選挙を乗り切ろうとしています。≫全文

静岡県平和・国民運動センター

静岡県平和・国民運動センター

 「すべての子どもたちに学ぶ権利を!」─朝鮮学校への「高校無償化」の適用を求めて、3月31日に東京・日比谷野外音楽堂で全国集会が開催された。全国の朝鮮学校の生徒や保護者、学校関係者のほか、平和フォーラムや市民団体などから7,500人が参加し「朝鮮学校だけを無償化から除外するのは差別だ」「自治体による朝鮮学校への補助金復活を!」などをアピールし、集会後に銀座へのパレードを行った。≫全文

オスプレイはなぜ危険か

オスプレイの危険性を訴える

~オスプレイの危険性と低空飛行訓練の危険~
墜落や事故の多いオスプレイを受け入れていいのか

オスプレイの危険性を訴える

 静岡県平和・国民運動センターは、2月23日(土)、御殿場市内で、米軍が今後、全国で計画されているオスプレイの飛行訓練について、御殿場市の米軍キャンプ富士でも飛行訓練が計画されているため、講演会「なぜオスプレイは危険か」を開催した。講演会には、御殿場市在住の市民を含む約80人が参加した。≫全文

オスプレイ反対集会

 米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの沖縄配備や米兵による相次ぐ事件事故に抗議する「オスプレイ配備反対! 米兵による凶悪事件糾弾! 怒りの御万人大行動」(同実行委員会主催)が2012年12月23日、沖縄県宜野湾市で開催された。県内外から約3千人(主催者発表)が参加した。宜野湾海浜公園屋外劇場での集会終了後、音楽を奏でながらパレードする「サウンドデモ」を行い、オスプレイの撤退や米軍基地の撤去を日米両政府に訴えた。全文≫

オスプレイ反対集会

 フォーラム平和・人権・環境と沖縄平和運動センターは、2012年12月23日に宜野湾市海浜公園屋外劇場で開かれる米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの沖縄配備や米兵による相次ぐ事件事故に抗議する「オスプレイ配備反対! 米兵による凶悪事件糾弾! 怒りの御万人大行動」へ参加する全国の平和団体関係者の学習交流会が12月22日、沖縄県那覇市内のホテルで開催され約100人が参加した。全文≫

オスプレイ反対集会

オスプレイ反対集会

 平和労組団体「フォーラム平和・人権・環境」と「オスプレイの沖縄配備に反対する首都圏ネットワーク」は、2012年11月4日、東京港区芝公園で「止めるぞ!オスプレイの沖縄配備 許すな!低空飛行訓練11・4全国集会」を開き、市民団体や労働組合の関係者ら4000人が参加した。全文≫

浜松市長へ平和行政推進要請

浜松市長へ平和行政推進要請

 原水爆禁止静岡県民会議と静岡県平和・国民運動センターは11月22日、住民の命と暮らし、福祉を守る行政施策を推進するよう求める「平和行政推進に関する要請書」を鈴木康友浜松市長あてに提出し、岩井市民部長との話し合いが行われた。全文≫


第49回護憲大会

第49回護憲大会

 2012年11月9日~11日、山口市で平和フォーラムや自治労などでつくる実行委員会の主催による「『生命の尊厳』をもとに、原発も基地もない平和な社会へ 憲法理念の実現をめざす第49回大会(第49回護憲大会)」が開催され、全国から2,500人が参加した。全文≫


憲法フォーラム

憲法フォーラム

 10月24日、しずおか憲法9条を擁護し実現する会は、静岡市駿河区南町の静岡労働会館で、労働組合や地域護憲組織からそれぞれ代表者が出席し2013年度総会を行った。全文≫


憲法フォーラム

憲法フォーラム

 東海ブロック第8回憲法フォーラム「震災・原発事故から学ぶ、人権・生命の尊厳を守るため憲法改憲に反対しよう!」 (平和フォーラム東海ブロック連絡会議主催)が10月20日午後、岐阜市鶴舞町・ワークプラザ岐阜で開かれ、静岡県から、静岡県平和・国民運動センター加盟の組織から18人が参加した。全文≫


憲法フォーラム

憲法フォーラム

 東海ブロック第8回憲法フォーラム「震災・原発事故から学ぶ、人権・生命の尊厳を守るため憲法改憲に反対しよう!」 (平和フォーラム東海ブロック連絡会議主催)が10月20日午後、岐阜市鶴舞町・ワークプラザ岐阜で開かれ、静岡県から、静岡県平和・国民運動センター加盟の組織から18人が参加した。全文≫


平和行政推進を要請

平和行政推進を要請ム

 10月18日(木)午後3時半から45分まで、くらし・環境部の部長室にて原水禁静岡県民会議と静岡県平和センターは共同で「平和行政推進に関する要請書」を川勝平太知事あてに提出し、要請行動を行いました。全文≫


脱原発集会

10・13さようなら原発集会in日比谷に6,500人が参加

さよなら原発

 脱原発を目指す「さようなら原発」一千万署名市民の会が主催して、10月13日、東京千代田区の日比谷野外音楽堂で、「10・13さようなら原発集会in日比谷」が開催され、市民、労働組合、平和フォーラム関係者ら6,500人が集まった。全文≫


支援米の稲刈り

アフリカのマリ共和国へ送られる
支援米の稲刈りに60名が参加

支援米の田植え

「食・みどり・水を守る静岡県労農市民会議」は、2012年度「アジア・アフリカ支援米・稲刈り」を10月20日掛川市倉真地区にて行なった。≫全文

オスプレイ反対集会

オスプレイ反対集会

  静岡県平和・国民運動センターと社民党静岡県連合は、9月25日、オスプレイの普天間基地配備と国内での低空飛行訓練への反対を求めるため、御殿場市への要請行動を行った。≫全文

オスプレイ反対集会

労働組合や市民団体から200名が参加

オスプレイ反対集会

 9月8日、静岡県平和・国民運動センター、憲法擁護静岡県民連合及び静岡県勤労者協議会連合会の3団体は、9日から陸上自衛隊東富士演習場で始まる米海兵隊の実弾訓練とMV22オスプレイ飛行に反対する「沖縄県道104号線越え実弾射撃訓練の東富士演習場での実施とオスプレイ派遣に反対する県民集会」を、御殿場市の桜公園で行い、労働組合や市民団体などから200人が参加しました。≫全文

PDFファイル駐日米大使と在日米軍司令官への申し入れ書(PDFファイル 107KB)≫

PDFファイル内閣総理大臣と防衛大臣への申し入れ書(PDFファイル 122KB)≫

PDFファイル静岡県知事への申し入れ書(PDFファイル 107KB)≫


日朝友好静岡県民会議

原水禁静岡県民会議  総会と結団式を開催

総会

 原水爆禁止静岡県民会議は7月27日、静岡労働会館で2012年度総会及び被爆67周年原水爆禁止世界大会静岡県代表団結団式を行った。≫全文

反原発集会
反原発集会

静岡県から350人が参加、原発廃炉を訴える

 脱原発を訴える「さようなら原発10万人集会」が7月16日、東京渋谷区の代々木公園で開かれ、17万人が参加した。静岡県平和・国民運動センターからも加盟組合や市民団体から300人が参加した。またバス以外の交通機関を利用して集会に参加した人を含めると、本県からの参加者は約350人にのぼった。≫全文

日朝友好静岡県民会議

第22回日朝友好静岡県民会議総会・学習会

日朝友好静岡県民会議 6月24日、日朝友好静岡県民会議は、李名裕(リ・ミョンユ)朝鮮総連静岡県本部委員長を来賓として出席いただき第22回総会を行った。また、記念講演では一橋大学名誉教授の田中宏さんが「戦後責任・植民地責任という視点」と題し、日本と朝鮮半島の関係を中心に講演した。≫全文

支援米の田植え

アフリカのマリ共和国を支援

高校生平和大使

 食とみどり、水を守る静岡県労農市民会議(須藤達美議長)は、5月26日、掛川市倉真地区の田辺喜四朗さんの水田で、アジア・アフリカ支援米の田植えを行った。
≫全文