静岡県平和・国民運動センター
支援米の田植え

アフリカのマリ共和国へ送られる支援米の田植えを行いました

支援米の田植え

 食とみどり、水を守る静岡県労農市民会議(須藤達美議長)は、5月26日、掛川市倉真地区の田辺喜四朗さんの水田で、アジア・アフリカ支援米の田植えを行った。当日は、関係者とその家族ら約80人が参加した。参加者は、どろんこになりながらも、苗を植えていった。田植えの後、ジャガイモ畑でイモ掘りを行った。支援米は、9月下旬に稲刈りを行い、アフリカのマリ共和国へ送られる。

●2012年10月20日稲刈りの報告≫

マリ共和国の地図