静岡県平和・国民運動センター
脱原発集会

10・13さようなら原発集会in日比谷に6,500人が参加

さよなら原発

さよなら原発 脱原発を目指す「さようなら原発」一千万署名市民の会が主催して、10月13日、東京千代田区の日比谷野外音楽堂で、「10・13さようなら原発集会in日比谷」が開催され、市民、労働組合、平和フォーラム関係者ら6,500人が集まった。集会は、晴れ渡った秋空に歌手のYaeさんの透き通る歌声が響くオープニングコンサートで始まった。


さよなら原発 最初に主催者代表して、ルポライターの鎌田慧さんがあいさつした。鎌田さんは、「脱原発の運動が、ゆっくりと拡大していっている。先日、JA中央が脱原発を決定した。これは日本にとって重大な決意である。農業と漁業は今深刻な状況になっている。農協、漁協の人たちは、どんどん運動を進めていくでしょう。ますます日本全国で脱原発の機運が高まってきている」と語った。

 続いて、仕事で会場に来ることができなかった作家の落合恵子さんの「東日本大震災から1年7か月、社会は、あの悲惨な出来事がなかったように動いている。こんなことでいいのか。あの日のことを忘れないように何度でも心に刻もう。国は葬り去ることはできない。私たちの民意を国会へ届けよう」というメッセージが紹介された。

さよなら原発 続いて、東京大学大学院教授で哲学者の高橋哲哉さんから「3・11からこの間、野田政権は、大飯原発再稼働強行し、原発維持に向かって進もうとしている。このような政府に怒りを感じる。オスプレイの強行配備についても痛感させられた。いったいこの政府は、どこを見て行政をしているのか。これまでのことで、(1)国は国民を欺くものである、(2)国は国民を見捨てるものである、(3)国は国民以外の住民を排除する、という3つのことが明らかになった。このことはかつて、日本は第二次世界大戦直後に感じたはずではないか。今度こそ、人の命と尊厳を経済よりも優先させる国に変えていかなければならない。福島の子どもたちは危険な状態におかれている。一刻もはやく救ってやりたい。この社会は闇の中にある。少しでも多くの光をみつけなければならない。その一つが脱原発である。一番大事なことは、あきらめないことである。生きていく限りは希望がある」と語った。

 続いて、子ども福島ネットワークの森園かずえさんが「この夏、蚊や蛾など虫がほとんどいない。田んぼの雀除けの空砲の音さえ聞こえなかった。小学校を除染しても、高い放射線量が観測される場所がいくつもある。子どもたちは、放射能の霧雨が降る中で秋祭りを楽しんでいた。子どもたちには、安全な場所で教育を受ける権利がある。これからも子どもたちのためにがんばっていく」と福島の現状を訴えた。

さよなら原発

 続いて、大間原発建設のために土地を売らなかった故熊谷あさこさんの娘で、「あさこハウス」の小笠原厚子さんが「母が耐え切れず土地を電源開発に売っていたなら、今頃、大飯原発は稼働していた。事故が起きたら大間だけの問題ではなくなる。自然の力に耐えきれない原発を稼働してはいけない」と緊急アピールをした。

 そして、ノーベル平和賞作家の大江健三郎さんは「3・11のあと、自分の大切にしている本を読み返して、何が大切なのかをノートに書くことにしている。日本政府、経団連、東京電力は、日本人を侮辱している。魯迅は、『故郷』で思うに希望とは、もともとあるものとも言えぬし、ないものとも言えない。それは地上の道のようなものである。もともと地上には道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ、と書いている。私たちがデモ行進すれば、それが道になり希望がある。そこになかった道をつくっていくのが、脱原発のデモ行進である。しっかり歩こう」と語った。

 最後に閉会のあいさつに立った城南信用金庫理事長の吉原毅さんは「私も福島第一原発のそばまで行った。今も福島第一原発の4号炉によって関東全域が危険にさらされている。私も、日本商工会議所の会員ではあるが、一度も相談されていない。原発推進しているのは経済界の一部である。電気はなくなると困るという人は多いが、原発はなくなっても困るという人はほとんどいない。経済界は、目先のお金よりも子どもたちの将来を考えるべきであり、そういうことを考えていくことが、企業経済活動である」と語った。

 参加者は集会終了後、思い思いのプラカードなどを持ち、会場から東京電力本社前を通り、銀座、東京駅へとデモ行進をした。

さよなら原発

【関連記事】17万人が参加した「さよなら原発10万人集会」≫