静岡県平和・国民運動センター
静岡県平和・国民運動センター

10・13原発ゼロ★統一行動

 10月13日(日)、東京の国会議事堂周辺で「首都圏反原発連合」が主催し、「さようなら原発1000万人アクション」「原発をなくす全国連絡会」の2団体が共催して「10・13 原発ゼロ★統一行動」が行われ、集会やデモ行進などに2万人が参加した。(主催者発表)

 静岡県平和・国民運動センターからは、原科臣孝会長と鈴井孝雄事務局長の2人が代表参加した。13時から日比谷公会堂で開かれた集会には、開場前から、入場整理券を求める人々であふれ、2000枚用意された入場整理券はあっという間になくなった。集会には定員一杯の2000人が参加した。

 集会の冒頭、主催者を代表し、首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさんが「今、(稼働している)原発はゼロであることを広くアピールするため、そして、今後再稼動を許さないために強く訴えることを目的として開催した。『福島第一原発の汚染水はコントロールされている』という嘘がまかり通る世の中であってはならない。国は原発再稼働に向け進めている。これを阻止するためには、私たち一人一人が声をあげ、私たちの意思を示していくことが大切である」と訴えた。

 福島からの報告で、鮫川村焼却炉問題連絡会の和田央子さんは「福島は今、大手メディアが全く取り上げない重大な問題に直面している。国は、放射能で汚染された廃棄物を焼却によって減量化するという世界でも例がない方法で処理することとし、各地に焼却炉を設置する方針を決定した。現在稼働中の4基を含め、20基の計画が進行している。茨城県との県境に近い鮫川村に、秘密裏に原発事故による放射能ゴミの焼却炉が建設された。焼却によって放射性物質は濃縮され、環境中に放出する恐れがある。私たちのかけがえのない土地や水を汚染したのは誰なのか。なぜ汚染した責任が全く問われないのか。深刻な内部被曝をもたらすとされる危険な施設を子どもたちの住むまちに建設させてはならない。放射能で汚染された廃棄物は、東京電力の責任で処理するべきだ」と訴えた。

 現在96歳の高齢でありながら反核のための活動を続けている医師で、広島原爆の際にも被爆しながら治療にあたった経験を持つ肥田舜太郎さんは「米国は、原発を日本に売り付けて金儲けし、何も知らない日本人が53基の原子炉をつくった。もし、もう一つ事故を起こしたら、日本はおそらく滅びるであろう。福島第一原発の放射線は今もなお同じように放出し続けている。一日も早く止めてほしい。北海道から九州まで放射線は流れていき、毎日、被曝者はつくられている。その中から、病人が出はじめている。日本の医者は知識がないため、どうすることも出来ない。戦後68年もたって、なぜ私たちはこんな状況に我慢しなければならないのか。このことを日本人は、もっと真剣に考えなければいけない」と力強く訴えた。

 作家の大江健三郎さんも「『3・11を忘れないようにしよう』、『原発を全廃しよう』というのは日本人全体の根本的な感覚であるという印象が3・11から3か月後くらいまで続いていた。しかし、今、政治家も官僚も東電の人たちも『原発を全廃しよう』ということを正面に押し出す人が少なくなってきた。私たちは、将来、子ども達が生きていける可能性を与える、そういう場所を保つという問題が、根本的な具体的問題として今現在ある。今この問題を譲ってしまうと、原発再稼働という勢いを押し返すことはできなくなる。将来の子どもたちのために、原発再稼働といの勢いを押し返そう」と集会参加者へ呼び掛けた。

 集会の最後に、さようなら原発1000万人署名の呼びかけ人のルポライターの鎌田慧さんが「日本政府、大企業はウソで乗り切ろうとする、それが許されてきた。本当に怒りを感じている。原発はウソと金と脅しで建設されてきた。原発は民主主義の対極にある。原発事故が起こっても、それは何も変わらない。ウソと金と脅しでやっていく。これは、まだまだ私たちの反対運動の力が弱いということです。『原発事故は収束した』、『人体には影響はない』、『汚染水はコントロールされている』という、見え透いたウソを許してきた。本当は、ウソを言った途端に政権は転覆しなくてはいけない。とにかく、再稼動を絶対させない、再稼働を阻止していく、そのために、立地地域の住民たちと、とにかく手を結んで再稼働を認めないようにする。それから立地自治体と連携して進めていく。そして1000万署名を達成して、その署名を首相官邸に積み上げる。来年の3・11には福島から東京への大行動をつくっていきたい」と訴えた。

 集会終了後、日比谷公園から、霞ヶ関の経済産業省や東京電力本店前を通るデモ行進が行われ、参加者は思い思いのプラカードなどを持ち、「再稼働反対」「原発廃炉」とシュプレヒコールながらデモ行進をし脱原発を訴えた。さらにデモが終わった夕方17時からは国会議事堂正門前で集会が開かれ、原発現地からのアピールや国会議員などのスピーチ、ライブ演奏などが夜19時まで行われた。

10・13原発ゼロ★統一行動